2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2017.10.17 (Tue)

日記 2017年10月

1日 日 1021hPa 晴 喫茶ヒコウビランで照サンと昔話。
今日のラジオ、東フィルの演奏でドヴォルザクの交響曲「新世界」。この音楽はワタクシが金澤交響楽団に入れて貰って、一番はじめがベートーヴェンの5番交響曲でこの時は第4楽章でピッコロを吹くだけの役目だったのだが、その次の時、1番フルートを吹いていた中田昭サンが東フィルに入る事になって、次の演奏会の時この「新世界」を取り上げることになって、ワタクシが1番フルートを吹くことになった。この曲の1番フルートは綺麗なメロディーを1番オーボエと一緒に独占して吹くことになる音楽です。マチネ(昼の部)の演奏をすましてから、オーボエ吹きのチビというあだ名の男と喫茶店モナミへ入って、チャコチャン(モナミの店主鞍サンの娘)にお酒を注いで貰って、とてもいい気持ちになって夜の演奏会本番に臨んだのだった。自分では素敵にいい演奏だったと思っていたのだったが本当のところはどうだったのだろうか。高校を卒業したばかりの頃のことです。
東フィルの演奏で「新世界交響曲」を聞いたので、こんなことが一緒にワタクシの頭に蘇ってしまった。
2日 月 1020hPa 曇 Paoで珈琲。
3日 火 1008hPa 晴 無事。
4日 水 万葉集講座① 松平和久先生。
巻第十三のはじめから読む。巻十三はほとんど長歌ばかり。長歌は、5,7 5,7 ・・・・ 5,7,7という形が基本形。 【2n+1】の構成が多い。…というような話。
Paoで珈琲。塩崎サンが来ていた。香港製の月餅「美心月餅」というのを頂く。香港での品名は「流心奶黄月餅」と書いてあった。
今夜は旧暦八月十五日で、《中秋の名月》の日なのだが満月(望)ではない。それに空一面厚い雲。
明日は栗ご飯。もち米を買いに行ったり、栗の皮をむいたり、たくさん食べたいので3合炊きのお釜が一杯になってしまった。
5日 木 1017hPa 晴/曇 望は明日の午前3時40分だからもうあと6時間ほど。満月10月5日
月餅栗饅頭など
もし今空が晴れていたらほとんど満月に近い。だが一面の雲なので、やむを得ず満月の写真をみながら月餅を食べることにした。
栗ご飯はオイシイのがたくさんできたので朝も晩も栗ご飯で充分満足。
明日も予報では雨のようだから今年はいい月見はできませんでした。

6日 金 ○
7日 土 古事記講座第4回 履中天皇、反正天皇、允恭天皇のあたり。兄弟で殺しあったり兄妹の間で婚姻をしたり、という時代の話。
8日 日 1018hPa 晴 クルマの免許を返納したので電車・バスの「乗り放題フリーパス」が6ヶ月間\16,200で買える。早速買いに行きました。
9日 月 体育の日 1020hPa 曇/晴。とびうお大橋から弁天島方面望見
乗り放題パスを使って西の方へ行った。バスで志都呂で下車、とびうお大橋を渡って、坪井という所からバスに乗って濱松へ。
右はとびうお大橋から弁天島方面を望見。往復のバス賃はたぶん¥700ほどだろうか。
乗り放題パスは有難い。
10日 火 晴 天龍川方面へお散歩。Paoで珈琲。
11日 水 晴 万葉集講座② 先生は84才。濱松北高の教師をしていた頃、60年安保阻止運動で国会内デモ、樺美智子さんの死などについて語る。生きてきた年代が同じ。
万葉集、年寄りにはウレシイ歌。
♪物皆は新(あら)たしきよしたゞしくも 人は舊(ふり)ゆく宜しかるべし♪ 巻10-1885
12日 木 1012hPa 晴 無事
13日 金 1012hPa 曇 Paoで珈琲。hiroサンに28日の楽友会コンサートどうですか、とお誘いした。いま悩み事がありそうな感じ。
14日 土 1015hPa 曇/雨 Paoで林檎ジュースと珈琲。ほかにお客が居ないときはえり子サンを独占したような気持ち。今日からあと涼しくなるようだ。半袖のシャツ全部洗濯した。
15日 日 1018hPa 雨/曇 ワルツで珈琲豆を少々買う。このブログを見て下さるとのこと。
16日 月 1022hPa 雨一日中 Paoで紅茶。
17日 火 1023hPa 雨 Paoの新しい看板

Paoで珈琲。
新しくできた看板。えり子サンは昨日から出来るのを心待ちにしていたようだ。
裏にはClosed と書いてある。

霧島火山群新燃岳
数日前から霧島火山群・新燃岳が水蒸気噴火を続けている。
右下で少しばかり白い噴煙を上げているのが新燃岳。遠くの綺麗なピラミッドは高千穂峰。
FMラジオでシューベルトの「冬の旅」全曲を聞く。
高校生の頃、この歌を歌うのは好きだったし、女の子はこの曲のピアノ伴奏ができることを誇ったものだった。


18日 水 万葉集講座③
19日 木
20日 金 ●
21日 土
22日 日
23日 月
24日 火
25日 水 万葉集講座④
26日 木
27日 金 海谷眼科診察 8:00
28日 土 第50回古楽演奏会
29日 日
30日 月
31日 火
スポンサーサイト
19:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.17 (Sun)

日記 2017年9月

1日 金 1004hPa 晴→曇 
爽やかな風で目が覚めた。萩の花9月1日
お散歩をすれば季節の花も迎えてくれる。秋ですねぇ。
Pao へ行って珈琲。
塩崎サンも来ていた。
桃を頂く。
自家製ので、無農薬。
安心して頂けます。

桃塩崎サンPao

今月から、レコードのカタログを制作しようと思って、ファイルと紙を買いに行く。
写真のサイズ、曲目などの記載の仕方、といったことを考え中。


2日 土 1005hPa 曇→晴 賀茂記念館・古事記講座第3回。色好み仁徳天皇の行状記。
黒比賣、髪長比賣、矢田若郎女、宇遅能若郎女といった女たちのこと。皇后石之日賣命の嫉妬。
hiroサンに桃を少々お裾分け。
3日 日 1006hPa 曇 町内の防災訓練。防災訓練9月3日町内
訓練の内容は昨年と同じく毛布と竹竿で担架を作って人間を乗せて運ぶのと、消火器を使ってみるだけ(実際に火災を消すのではない)の訓練。火が燃えていないので緊迫感は全くないけれども、何回もやることで消火器のレバーを引く指の動きも滑らかになるであろう。写っているのは指導している消防団員とワタクシ。
4日 月 1008hPa 曇 Paoで珈琲。
5日 火 1010hPa 晴 DOCOMOのお店へ行って、現在は電話の料金とインターネットの料金をNTTに、携帯電話の料金をDOCOMOに支払っているのを、設備その他一切変更なしにDOCOMO一括で引き落としにする様に契約をしてきた。少し料金が安くなるかも知れない。そしてはじめはガラケーをスマホにしようかなと思ったのだがそれは止めてガラケーのままにしておき、ちょっと小さめのタブレットを一つ買うことにした。まだ使い方は全然判らない。
6日 水 ○ 1008hPa 曇→晴 Chantilly で珈琲。薄雲が少しかかっているけれども満月は美しい。
今日の朝日新聞朝刊【虎屋のようかん優しくゆるく】。
記事を一部引用します。ろらやゆるるか発売記事部分
…和菓子店の虎屋が、高齢者に配慮したようかん「ゆるるか」を発売した。主力商品の「夜の梅」のかたさの水準を1とすると約27分の1。同社の水ようかんと比べても約5分の1のやわらかさという。 … 高齢者が食べやすいようかんの開発に着手。原材料は従来と同じ小豆、寒天、砂糖だが、材料の見直しや水分量の配合などを調整し、やわらかい食感を実現した。…

とらや夜の梅こちらは主力商品である「夜の梅」です。
笛吹乙女哲子サンから頂いたのがまだ残っていたのを思い出して、さっそく食べてその「かたさ」というのを齒や舌に感じとらせました。
そして新発売の「ゆるるか」という羊羹が、この27分の1の堅さ!だというので、それじゃぁまるで甘い絹漉し豆腐のようなもんじゃぁないですか。
ワタクシも「こうれいしゃ」でありますが、そんな羊羹は食べたくないですねぇ。


7日 木 白露 1002hPa 曇一時雨。ラフマニノフAllnightvigil第3曲後半
ラジオでラフマニノフ作曲、晩禱、をラトビア放送合唱團の演奏で聞いた。とても綺麗な合唱。
ラフマニノフAllnightvigil表紙

左は表紙、
右が第3曲 Blazhen muzh の後半部分の楽譜。
アリルゥイヤ という言葉の繰り返しの部分。
全曲、どの部分をとっても綺麗な音楽です。
横山サンにも楽譜を買って送ったのに、楽譜が手元に届いた頃に死んでしまった。レコードを聴きながら一緒にバスの部分を歌う事が出来たらどんなに楽しかっただろう。それを思うと横山サンの死んだのがとても口惜しい。
8日 金 1006hPa 晴 照サンにtel。久しぶり、元気そうでした。
9日 土 1007hPa 晴 さつまいもの芋焼酎というのを買ってきて呑んでいる。好きになるかどうか不明。
10日 日 1008hPa 曇→晴 無事
11日 月 1009hPa 晴 無事
12日 火 1006hPa 雨→曇 Chantilly でケーキセットを食べた。チョコレートケーキ。
13日 水 1013hPa 晴 久しぶりで気圧は1000hPaを超えた。こっちの気圧が高いといま先島諸島のあたりにいる台風18号がこっちの方には来ないだろう。
ラジオでラヴィ・シャンカールのシタールの演奏をかなりたっぷり聞かせてくれている。北インドの音楽は以前浜松北部の光明山での演奏会で聞いてから親しい音楽です。以前、このようなインド音楽などに親しんでいると西洋音楽は単調でつまらない、とインドの人が言っていたのを今でも耳に残っている。
14日 木 1013hPa 晴 本屋へ行って「ニコリ vol.160 秋号」を買ってきた。ニコリ音楽迷路
ワタクシは迷路とクロスワードが好きで、この号の特集は迷路。右に載せたのは楽譜をちりばめた迷路で、左上の★印からスタートして右下の円内にある★印まで通過して、通ったところにある楽譜を並べると…何かの曲になりますよ…という迷路。ほかにも面白そうないくつかあるので楽しみ!
15日 金  1014hPa 晴/曇
久しぶり、Pao で珈琲。
Paoの えり子サンから左のお土産を戴く。
Paoえり子サン船旅お土産
9日間にわたる船旅、いいですねぇ。
外国人と英語で自由に会話ができて、大きな客船に乗って、港々に立ち寄って、ゆったりした時間を過ごす。えり子サンのようにできればいいですねぇ。
16日 土 1013hPa 曇/雨 Pao で珈琲。ほかにお客がいないのでえり子サンとおしゃべりができる。
秋雨前線が居座っているので、涼しい風が吹き小雨がぱらつく。
モーツアルトのピアノソナタc-moll、内田光子のピアノで聞く。この音楽は好き。内田光子のピアノも好き。
17日 日 1012hPa 曇/雨 台風18号は九州南部から四国西部に上陸。大分県などに豪雨被害。敬老の日赤飯とウナパイ
敬老の日の御祝品として町内から赤飯とうなぎパイ(ミニ)を下さる。赤飯は昼と晩のご飯で食べてしまった。
18日 月 敬老の日 1002hPa 台風18号、九州、四国、北陸へと通過、夜半少しばかり風が吹いたようだ。


19日 火 1004hPa 晴
台風一過、風はさわやか。佐鳴湖西岸風景1
佐鳴湖へお散歩。
西岸から東を見た風景。
佐鳴湖伊能忠敬測量隊跡

伊能忠敬という江戸時代の測量隊の人たちもここへきて富士山を測ったという。
この位置は、
北緯:34°42’37"
東経:137°41'30"
海抜:1.753m
の地点。

佐鳴湖八景というのがあって、瀟湘八景や近江八景にちなんでそのような名前をつけてある。
佐鳴湖八景
一番右から時計回りに、大田落雁、大良暮雪、三山青嵐、西湖山晩鐘、北浦帰帆、大家橋夕照、少林山晩鐘、大山夜雨の八つ。一回り5.5kmだからお散歩にはちょうどいいのだが、そこへ行くまでが大変。
佐鳴湖エビカツコッペ
途中で休憩して、木の切り株に腰を下ろして、シャンボールというパン屋で買った「エビカツコッペパン」という奇妙なパンを食べた。

佐鳴湖ボート部の高校生ボート部の高校生たちは練習をしている。それを眺めながらパンを食べる。

 Paoで紅茶。紅茶も美味しい。浜松演劇鑑賞会の入会金\2500と会費6ヶ月分13,800
合計\16,300を払い込む。
まず11月10日~15日、ゴーゴリ原作「検察官」を見に行く予定。見に行く日はえり子さんに一任。
20日 水 ● 1006hPa 曇 Paoで珈琲。ワルツで珈琲豆を少々買う。ポイント5倍デーなのだ。 
21日 木 1007hPa 晴 サティの歌曲を聴いている。
Je te vous. あんたを欲しいの。男声版と女声版があって、男声はテノール、ニコライ・ゲッダ、女声版はソプラノ、マディ・メスプレが歌っている。この歌は好きなので楽譜も買ってあるのだが歌う機会がないのが殘念。ワタクシの歌う Je te vous を聞いてくれる女性が居てくれればウレシイのですがねぇ。
22日 金 1009hPa 晴→雨 Paoで珈琲。
23日 土 秋分 1009hPa 晴 
秋のお彼岸。鴨江山鴨江寺へ行きました。鴨江観音秋彼岸本堂
鴨江観音秋彼岸曼殊沙華昔、(ワタクシはいつも昔、と言います。ワタクシが浜松へ来た頃のことです。半世紀ほど前の時代)お彼岸になるとこのお寺の境内はサーカス小屋や見世物などそれはそれは賑やかだった。いまはわずか十指で数えるほどの露店が店をはっているだけです。それでもワタクシは春秋、欠かさずお詣りに行きます。
秋ですから曼殊沙華の花も咲いています。
24日 日 1011hPa 晴 無事。
25日 月 1012hPa 晴 警察署へ行って、自動車運転免許証の返納方法について話を聞いてきました。バスやタクシーなど割引制度は思ったより少ないようだった。Paoで珈琲。
26日 火  1012hPa 晴
浜松中央警察署へ出頭。
悪事を働いたのではありません。
自動車運転免許証を「返納」(嫌いな言葉です)して、代わりに運転経歴証明書を貰ってきたのでした。実に簡単に仕事は済みました。警察署に出頭してから退出 するまで30分とはかからなかったと思う。
免許証返納

 before               after
免許証の有効期間は来年2月まで
まだ半年ほどあるのだがもうクルマもなくなったことだし、バスのシルバーフリー定期券という乗り放題パスが(初回に限りだが)6ヶ月有効で¥16,200で買える。つまり1ヶ月あたり¥2,700で半年間、遠州鉄道の電車やバスが乗り放題です。磐田市から湖西市まで、お散歩の範囲を広げることができそうです。ウレシイ!
警察署の帰り道、海谷眼科の診察予約日が10月の筈なのに予約券が見当たらないことを思い出して海谷眼科へ。入るとすぐ受付の所で恭子サンが笑顔で…お久しぶり!…と迎えてくれた。実に半年ぶり。事情を話して予約券を発行して貰った。10月27日(金)8時。忘れないようにしましょう。
Paoはすぐ近くなので、オレンジジュースと紅茶を飲んだ。両方とも美味しかった。
27日 水 1011hPa 晴 Paoで珈琲。
28日 木 1004hPa 雨→晴 伊豆から東にかけて豪雨だったようだがここは夜中に少々の雨。少し涼しくなったので温かい飲物がよくなった。
NorcaSorcaサンはフェースブックで、NOBUYOサンはホームページで、原村古楽祭に参加したことを報じている。写真を見ると空は綺麗に晴れていて、みなさん思い思いの衣装で楽しんでいるようだ。
29日 金 1005hPa 一日中空には一点の雲のかけらもない見事な晴天。こんな日は滅多にあるものではない。単に「晴」と書くには勿体ないような日。
夜のFMラジオで「モンセラートの朱い本」の演奏。楽団アントネッロとハープの西山まりえのアンサンブル。
30日 土 1009hPa 今日も晴天だが昨日ほどではない。
Paoで紅茶。ほかにお客がいなかったのでえり子さんが二胡を演奏してくれる。サンタルチアなど。
4度か5度ほど低いとワタクシの歌いやすいピッチになるのだがちょっと残念。
19:52  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.16 (Wed)

日記 2017年8月

1日 火 1006hPa 晴 今日の浜松は35℃という気温。暑かったです。
Paoで珈琲。6日にDolce倉庫でコンサートがあるので、えり子サンの車に乗せて頂くことになった。
2日 水 1005hPa 曇 Paoで珈琲。塩崎サンも来た。
3日 木 1006hPa 晴→快晴 気温は高いけれども爽やかな風が吹いている。これが本来の夏らしい風。
先月末の健康診断、血液検査の結果が出た。一通りここに記載しておきます。
健康診断データーm

最後のPSAというのは前立腺がんの検査数字、その他にも便潜血の有無はは大腸がんのチェックですがこれは2度ともマイナスでした。
データーは以上です。判定はほとんどが基準値内で、オーバーはあってもほんのちょっとはみ出しているだけのようだ。年齢(83.5歳)から考えるとマアマアでしょう。昨年の数字もこれとほとんど変わってはおりません。
一年間安心して生きるつもりです。
4日 金 1006hPa 曇→晴 Paoでかき氷。はちみつレモンというのをかけて食べる。
5日 土
6日 日 ドルチェ倉庫20周年記念コンサートドルチェ倉庫20周年チラシ
今回のコンサートは、「長尾春花さんとともに」という副題で、
長尾春花さんの独奏によるコンサートとなりました。
201708ベートーヴェンVnソナタ
曲目です。
最初が
Beethoven: Violin Sonata
Nr.5 op.24 1st mus.
ピアノ伴奏は鈴木仁菜。






2017グロリアミサ
次が Vivaldi : Gloria missa RV589
合唱がコーロ・フェリーチェで佐藤サン指揮のフェリーチェ合奏団。

おしまいは Vivaldi ヴァイオリン協奏曲
op3-3.G-dur.
201708ヴィヴァルディVn協奏曲
ソリストの長尾春花さんという方は掛川市出身で、現在はハンガリー国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任していらっしゃる。


201708長尾春花サン



演奏は素晴らしく、笑顔がとても素敵な方でした。

Dolce倉庫の往復はえり子サンの車に乗せて頂いた。
7日 月 立秋 1004hPa 台風5号接近。
夜6時頃風雨がひどくなったような気がしたので雨戸を全部入れた。ところがその後すっかり風雨が収まってしまった。
8日 火 ◯ 998hPa 晴 ドルチェ倉庫20周年の写真、A4アルバムに編集したのをPaoに預けて、珈琲。夜、窓を開けたら雲の合間から満月が見えた。
9日 水 995hPa 快晴 一日中雲一つない日。気温も36℃になった。
子供の頃、夏といえば紺碧の空に入道雲がクッキリと、という印象だった。近頃、「紺碧」という空が見当たらない。ちょっと白っぽい。空気中の水蒸気量が多いのです。だから雨もやたらに沢山降る。
10日 木 998hPa 曇/晴 Chantillyで珈琲。図書館へ行っただけ。
11日 金 山の日 1000hPa 曇 無事。
12日 土 1001hPa 曇 無事.
13日 日 1003hPa 晴 無事
14日 月 1004hPa 晴 このところ毎日蒸し暑いので10,000歩というような歩き方はしていない。10日から20日迄Paoがお休みなので珈琲を飲みに行くのはChantillyだけなのだがこれも日・月はお休み。FMラジオの音楽番組も全くつまらないものばかり。昨夜からずっとPalestrina のミサ曲ばかり続けて聞いている。プロ・カンティオーネ・アンティカの演奏で、Missa L'Homme Arme , Missa Assumpta Est Maria, Missa Brevis, Missa Lauda Sion, Missa Aeterna Christ Munera とミサ曲ばかり沢山聞いている。この人のミサ曲の中では Missa Papae Marcelli 教皇マルチェリのミサ、というのが一番好きなのでいろんな演奏者のCDを持っている。泉光院のブログを書きながら、お酒を飲みながら、聞いていると時の経つのを忘れる。
15日 火 1004hPa 曇 ZAZAというスーパーへ行ったら広場で中古のレコードなどを売っていた。関西方面の、たとえばBANANA RECORD といった大手の中古レコード屋の出張販売。
ちょっと捜しただけでナナ・ムスクーリという歌手のLPレコードが見つかった。
LPナナムスクーリフランス2枚組LPナナムスクーリギリシャの歌

CDはずいぶんたくさん買ったのだがLPレコードはまだ少ないので見つけた2枚を買ってしまった。
両方ともフランスでプレスしたレコードでかなり初期のものです。
ワタクシはナナの大ファンでなので、渋谷や横浜などのレコードショップでナナのCDを見つけたたびに買っていた。今度買った2枚、左はフランス語で歌っているもので、2枚組、右はギリシャ語で歌っているギリシャの歌。内容は全部CDで持っているものばかりです。
16日 水 1004hPa 雨・曇 無事
17日 木 1004hPa 曇→晴 お散歩の帰り、牛山の麓にある「イ」の字の碑を見て来た。イの字高柳健次郎牛山NHK
テレビの研究をしていた高柳健次郎が昭和2年に実験用に使ったイの字を記念した碑です。
右側にその「イ」が大きく彫られているのだがはっきり判りませんねぇ。紙に書いたこのイの字を撮像管で写して、電波にして、ブラウン管で再現したのがテレヴィジョンの最初。浜松高等工業学校で大正十年から研究をはじめて、昭和10年にほぼ完成。
18日 金 1005hPa 曇→晴 chantillyで珈琲。
19日 土 1006hPa 晴 深夜0:30~1:30の1時間ほどの間、大雷雨。洪水などの警報が出た。朝は快晴。午後、関東地方で大雷雨。
20日 日 1005hPa 曇/晴 ワルツで珈琲豆を買う。モカ・マタリとブラジル・サントスの2種。
21日 月 1007hPa 曇/晴 Paoで珈琲。久しぶり。
ドルチェ倉庫コンサートの写真アルバム、32部プリントをPaoに預かってもらう。
22日 火 ● 旧暦七月朔日 1006hPa 晴/曇 Paoで珈琲。えり子サンから珈琲豆を戴く。銘柄は聞かなかったので判らない。明朝飲んでみましょう。
23日 水 処暑 1007hPa 晴 貰った珈琲はワタクシの好みに合いました。
24日 木 1005hPa 快晴。暑い!!!
25日 金 1004hPa 晴。床屋へ行く。
FMラジオの番組。ベートーヴェンの交響曲、6番と5番。初演当時の会場で初演当時に使ったような楽器での演奏会。ワタクシも金澤交響楽団でこれらの曲は何度も演奏したのだが、一度だけ古い木管のフルートで演奏したことがある。ベートーヴェンの曲だったらその時代の楽器でも楽に演奏できます。ちょっと懐かしく聞きました。
26日 土 1004hPa 晴。西の空に三日月(本当は5日月)が美しい。
27日 日 1007hPa 曇 無事。ストラヴィンスキィの兵士の物語、持っているCD、4種を全部ずりだして聞いてみる。ジャン・コクトォの語り、マルケヴィッチ指揮のは面白い。ストラヴィンスキィとジャン・コクトォは友人だった。ブーレーズ指揮のは正確なのだがちょっとゆっくりしていて迫力に欠ける(ような気がする)。
28日 月 1008hPa 曇→晴 Paoで珈琲。秋の気配が漂う。
29日 火 1010hPa 晴 FMラジオでラフマニノフの24の前奏曲全曲を聞いている。この曲はワタクシの友人だった高泰夫さん(右)も好んで弾いた。高泰夫s1955年
楽器を持っている数人が集まるとラフマニノフのピアノ協奏曲を、自分の持っている楽器のパートの音を出して、ピアノ協奏曲を弾いているつもりになった。
金沢大学工学部電気工学科に入ってきて、そこはワタクシの職場でもあったので、ワタクシの部屋で仕事や勉強の話ではなくて音楽を語ったりした。またこの高さんの部屋でチェロやオーボエや(ワタクシはフルート)などのミニコンサートをしたものだった。大学を卒業後高さんは横浜の会社へ入ったのだが早くに死んでしまった。
金沢大学フィル1953春L

1953年春の金沢大学フィルハーモニー演奏会。会場は第四高等学校の講堂。
高さんはティンパニを叩いたり指揮をしたり、コンチェルトのソロをしたり、オーケストラの中心だった。
ラフマニノフの音楽を聴いているうちに昔のことを思い出してしまった。
30日 水 1006hPa 晴 猛烈に暑い日。Paoでまずかき氷、そのあとで珈琲。8月31日かき氷
31日 木 1004hPa 晴 暑い日にはかき氷。Chantilly でかき氷。

20:10  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.15 (Sat)

日記 2017年7月

1日 土 1010hPa 晴 昨日が夏越大祓だったのだが風邪で行けなかった。
松尾神社夏越大祓
松尾神社夏越大祓茅の輪

ぜひ行かなくっちゃ、というわけで多少の無理を承知で松尾神社へ行きました。
はじめて茅の輪くぐりをしたのは、横山サンと近江の國を廻ったときたまたま日牟禮八幡宮で。ここの茅の輪は素晴らしく大きくて、かなり有名なようです。今ワタクシの手元の道路地図1/10,000にも日牟禮八幡宮のところに茅の輪めぐりと朱字で入っておりますから。
横山サンはワタクシに左・右・左、と廻るのだ、と教えてくれた。ワタクシの住む町で古くから茅の輪めぐりをしているのはこの松尾神社。祭神は大山咋神・嚴嶋姫神・徳川家康命で、相殿に天神地祇神・猿田彦神・素盞嗚神・大國主神・少名彦神・月読神・・・とあった。種々雑多な神様たちが同居している感じです。
熱は(20時過ぎ)ほぼ平熱に戻ったようでした。39℃オーバーだったときはかなり応えて、お酒も飲めないような情況だったのでしたが、今夜はいまから少々飲みましょう。
メールをチェックしたら、hiroサンがワタクシの容態を気遣ったメールが入っていました。ご安心ください。大丈夫ですよ。
2日 日 1010hPa  晴。少々買い物。無事。熱は下がったのだがまだ体調は復旧に至ってはいません。
3日 月 1006hPa 晴。 今日も医者へ行く。平熱。まだ咳と鼻水は止まらない。前回貰った薬の内、ロキソニン錠がやめになって、ピーエイ配合錠という風邪薬が代わりに入った。
4日 火 1002hPa いま19時30分。台風3号がワタクシの家の南西60kmを時速60kmで北東に進行中とニュースが伝えています。では20時30分にはどうなるでしょうか。だが今の所雨も降らず風も吹かず静かなもんです。そして20時30分になりました。外では雨が少しばかり降っているようです。間もなく雨はやむでしょう。
5日 水 1004hPa 晴 一日中家から一歩も外へ出なかった。こんな日は珍しい。
昨夜から山口・島根、今日になって福岡・佐賀・大分が大雨。レーダー画像を見ていると降っている場所が動かない。なぜ?
6日 木 1005hPa 晴 日本が亜熱帯気候になったような気がする。異常な気候。
7日 金 1006hPa 晴 Paoで珈琲。
8日 土 1006hPa 晴 「古事記」講座。中つ巻の最後、応神天皇。下つ巻、仁徳天皇。
小学校の頃の修身の授業で、仁徳天皇が民の竈に煙の立たぬのを見て3年間税金を取らなかった、という話が始めの方に出てくる。
9日 日 ◯ 小暑 1007hPa 曇 無事。
10日 月 1008hPa 曇→晴。ワルツで珈琲豆をいつもの通り。ポイントがたくさんたまっているので紅茶も買う。近日中に珠美サンに木賊を見せてあげようと思うのでその時にそれも。Paoで今日初めてアイスコーヒーというのを飲みました。カップ一杯の氷の中にコーヒーを注いだだけ(確かにアイス+コーヒーでしたけれども)です。意外にいいものだナと思いました。途中で甘い液体(黒蜜?)を入れてくれたのがとてもおいしくてヨカッタ。
哲子サンからお中元でモロゾフのプリンセットをいただく。哲子サンモロゾフプリンお中元
Telをして久しぶりに声を聴いた。まだコーラスをやっているのでいい声です。いつも日本橋三越から送付。わざわざあそこまで行くらしい。電話だけで注文しているのかと思っていた。失礼しました。
11日 火 1008hPa 晴
7月11日かき氷
金澤行のキップを買い、暑いのでかき氷。
まず最初はイチゴ。\200でこれだけ食べられる。
お店の人はもうそろそろ来る頃だろうと思って待っていたそうです。



12日 水 1008hPa 晴 Paoで珈琲。塩崎サンが来て、先日のフェリーチェコンサートの写真で、いつもの例の品物を頂きました。ありがとうございます。
金澤、西福寺へ持って行くメロンを鹿谷町の八百屋で(\3600)もらって帰る。西福寺ではこのメロンが楽しみ、ということなので毎年欠かさず持って行く。南図書館でNobサンに逢う。
夜のFMラジオでモーツアルトのレクイエムを聞きました。演奏はガブリエル・コンソート。モツレク1RequiemAllegro4
先月18日に浜松古楽アンサンブルのコンサートとモーツアルトのレクイエムの演奏会が重なったので、hiroサンにモツレクを聞きに行ってもらったのでした。
ラジオで聞くので楽譜を見ながら(そしてお酒を呑みながら)モーツアルトのレクイエムを聞いているのはなかなかいいものです。右の楽譜は第1曲、Requiemの後半、AllegroでKyrie eleison,を歌いだす所。バスから歌い始めてすぐアルトが追っかける。なかなか気持ちのいい部分です。ヘンデルのメサイアとか、このモツレクは聞いているよりも自分で歌うのが楽しい。
13日 木 1008hPa 雨→曇 静岡方面でも豪雨があったようだ。
金沢行きのために必要な物を買う。吉野サン、丹む子サンに連絡。
14日 金 金澤・西福寺、須弥壇収骨盂蘭盆法要。2時。
金沢着11h50m頃。西福寺の前の住職の奥さん、もう90歳はこえていらっしゃるでしょうに去年よりも若返っているようにお元気だった。森八へ行って金澤銘菓をいつもの方に送り、お寺へ戻って法要。これもいつものように觀無量壽經。恩(めぐむ)チャンの説教は女偏の文字のいろいろで女の一生のお話。
西福寺恩サン説教西福寺きりこ


こうして写真に写すと、恩チャンなどというのも憚られるわけだが、ワタクシが始めて西福寺へ行った時は恩チャンはまだ小学生だった。今では立派な「ゴンゲンサン」になられたようだ。
いつものようにキリコをあげた。
吉野サン宅へ行って昔の事など思い出話を少々。
食事はKKRで豪華なのを食べた。値段も豪華。
写真を幾つか載せておきます。
KKRお献立7月14日

箸付の玉蜀黍豆腐、前菜は茗荷鮓・枇杷薩摩芋・蝸牛・桜桃大根・白瓜雷干し・沢蟹艶煮・青楓チーズといった物、椀が蒸し雲丹・海老・蓴菜、といったもの。揚げ物は鮎の天麩羅を能登鹽で食べる、骨も別に焼いて出ている。
KKR箸付前菜椀KKR鮎の天婦羅酢橘


暮れなずむ庭園を見ながら豪華お食事はなかなかなものでした。

左が前菜etc.
左手前に沢蟹が一匹見えます。

右が鮎の天麩羅。
KKR庭園夕暮れ
お酒は金澤小立野の造り酒屋のを冷と燗でもらって出てくる料理に合わせて吞んだ。
庭園はビルの中なのでこの程度のものしか出来ないのだが水をたくさん使っているので気持ちがいい。
バーにも立ち寄ったのだが印象はよくなかった。


15日 土 晴。近江町市場へ行ってドジョウの蒲焼きをかなりたくさん買ってしまった。今は一本\120もするのだ!その後驛の売店でお土産いろいろ。
予定を11時と言っておいたので丹む子サンのところへ行きました。窪三丁目というと満願寺山の麓のような場所。こんなところまで住宅地になってしまったのだ。
中條サンの遺影にお詣りをして、書斎を見せてもらった。丹む子サンの言うように膨大な書籍の量ですが、ワタクシの持っている本と実によく一致している事に驚いた。音響装置もかなり立派で、真空管アンプもあった。あれは多分KT88という真空管のプッシュプルのアンプだ。ワタクシは2A3という真空管のシングルでアンプを作ったのだが今はもうなくなってしまった。レコードの量も相当たくさん。以前横山サンの所にあった「放浪藝」関係のレコードも全部ここに納まっていた。
丹む子サンはワタクシのためにずいぶん豪華なお寿司を取って下さった。ありがとうございます。丹む子サンが石川県立第二高等女学校(いまの21世紀美術館の場所)の隅っこにあった金沢大学の女子寮にいたとき、中條サンは北陸女学校の近くのYMCAの所にあった進学塾の講師をしていた時代なので、そんな頃に出逢ったのらしい。もっとゆっくりしていないと彼と彼女の思い出話は語り尽くせないであろう。来年もし生きながらえていたらまた丹む子サンを訪ねて見ましょう。
14時48分金沢発しらさぎ12号で帰りました。
16日 日 1009hPa 晴 珠美サンにお土産千歳をお渡しした。新茶とゼリー(らしい)を頂いた。
ヨーコチャンから℡。元気な声でした。この人もまだ歌を歌っているのでしょう。
17日 月 晴 Nobサン宅でお母さんにどぜう蒲焼etcをお渡ししてからPao へ行き、塩崎サンの分を預かってもらう..
hiroサンにほんのちょっとだけだけれども金澤のお菓子。
18日 火 1008hPa Paoで珈琲。
19日 水 1007hPa 晴 梅雨が明けたと気象庁。気持ち風が乾いているようだ。だが今日は歩きに行かなかった。Nob
サンからメール。
20日 木 1008hPa 晴 えり子サン体調が悪いので明日は閉店とのこと。お大事に。
21日 金 1009hPa 晴 Nobサンから手造り紫蘇ジュースと「阿波の国和三盆ポルポローネ」というお菓子を頂く。Nobしそジュース

Nob阿波ポルポローネ
徳島の大塚美術館へ行ったお土産です。
この美術館は世界の名画を陶板で複製・展示してあることで有名です。
システィナ礼拝堂、そのたありとあらゆる名画の複製を見ることができるそうで、とても一日では全部を見ることができない!のだそうです。
右の美しいのはNobサン手造り紫蘇ジュースをロンドンのビーフィーターというジンで割って氷水でを入れて作ったカクテル。色が綺麗ですねぇ。
22日 土 1009hPa 晴 気候が以前(たぶん半世紀以前)とはだいぶ変わってきているように思われる。気象庁の職員サンは皆さん若いからわからないだろうけれども、ワタクシのような年寄りにははっきり感じられる。
23日 日 ● 大暑 1009hPa 晴 暑いですねぇ。野田泉光院の足も清水湊のあたりでストップしてしまった。いつになったら動けることやら。加賀棒茶野田屋
24日 月 1006hPa 曇/晴 暑いときに、冷凍庫に入っている小豆アイスを取り出して齧りたくなるのだが、思い切ってお茶を沸かすことにしました。
先日金澤へ行ったとき、竪町の野田屋で右の「加賀棒茶」を買ってきたのです。棒茶というのは焙茶(ほうじちゃ)の一種で、素材は「葉」ではなくて「茎」。
昭和天皇が昭和58年に来訪されて、湯涌温泉のホテルにご宿泊の際、ホテルから「旨い焙茶を」という注文があって、その折献上したのがこの「加賀棒茶」。このお茶には、ブランドも、作法も、美意識も何もありません。普段の飲物として適当に飲めば宜しい。至って簡単。熱さで暑さを制する趣。
25日 火 1004hPa 晴/曇
モグさん暑中見舞




moguサンから暑中お見舞いをいただきました。この絵は藤城清治サンの絵のようですね。
moguサンもお元気で暑い夏をのりきってください。



26日 水 1004hPa 曇/晴 Paoへ行ってかき氷を梅シロップで。塩崎サンが来ていた。
27日 木 1005hPa 曇 後期高齢者健康診断・木村内科。
胸部レントゲンは一昨年、昨年などと比較して格段変わったところはなくてOK。尿蛋白は少々出ているがこれも一昨年、昨年と同様。尿糖は出ていない。心電図も良好。心拍数は60p/minで問題なし。血圧は、140/80程度。少々高いけれども最近ずっと高血圧治療薬であるディオバンという薬は飲んでいないのでこの程度ならマアマアであろう。血液検査の結果は1週間あとに出る予定。
右は木村内科の前の家が祀っている「三組地藏」。三組地蔵

ワタクシの家から100mほど南のお宅です。
いつもはこんな大きな旗など立ててないし、お花もめったにあがっていないのだが、今日はこのお地蔵さんのお祀りの日なのだろうか。このお宅の庭に木賊(とくさ)が生えているので、先日少々分けていただいた。
木賊の生えている家
木賊の生えている家というのは珍しい。
左が生えている木賊。

夜の食事に鰻を食べた。
土用丑の日は2日前の25日だったのだがいろいろ都合で今日になってしまった。
ウナギで思い出すのは万葉集巻十六、大伴家持で、
  痩人を嗤ううた 二首

 石麻呂に我物申す夏痩せに
   良しといふものぞ鰻(むなぎ)捕り食(め)せ

 痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた
   むなぎを捕ると川に流るな

このうたが合唱曲に作曲されて、金澤合唱團の定期演奏会で歌ったことがある。
ハタチの頃だったワタクシはいまと違ってかなり痩せていたのだったが、貧乏で、鰻など食べられる情況ではなかった。今日、鰻を食べながらこの歌を思い出しています。
28日 金 1006hPa 曇 Paoでアイス珈琲。えり子サンと、サイモンとガーファンクルの歌っている「スカーボロフェア」、何度も何度もパセリとセージとローズマリーとタイム、という香草、ハーブの名前が繰返されたり、縫い目のないシャツを作るひと、それがShe once was a true love of mine.だったりといったことが話題になった。イギリスの古い歌や子供の歌、なぞなぞのような歌詞のあることなどの話題。
29日 土 1006hPa 曇/晴 無事。
30日 日 1005hPa 曇/晴 ワルツで珈琲豆を買う。いつもと同じ。今日はポイント5倍デーだというので、一挙に1000ポイントを超えたとの事。紅茶を買うときの足しにしましょう。
31日 月 1006hPa 晴 浜松市周辺では、7月1日から31日迄、毎日の最高気温が30℃をこえている、つまり一ヶ月連続で真夏日だったという。
20:26  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.21 (Wed)

日記 2017年6月

1日 木 999hPa 曇/晴 無事。
2日 金 1002hPa 晴
Paoで珈琲。
明日のため名古屋行のキップを買い、デパートでチョコレートを買った。
いろいろ見ていたら、店の子が、「それ、この前お買いになったのですよ。こっちが新しく出たの。」という。ちゃんとワタクシの顔と買った品物を覚えているのでした。アア!
3日 土平井み帆モンテヴェルディコンサートプログラム
名古屋市、電気文化会館ザ・コンサートホール14.00
ヴォーカルアンサンブル・リラ
素晴らしいコンサートでした。曲目です。
マドリガーレ第6巻。「Lamento d'Arianna アリアンナの嘆き」
チェンバロsolo 平井み帆
  フレスコバルディ : Toccata Seconda
         : Partite sopra l'Aria di Folla
【ゲスト、コール・コラーレ・アンジャリ:聖歌集ほか】

倫理的宗教的な森 : Chi vol che m'innamori
聖歌集 :     Quam pulchra es,  :  Surgens Jesus
マド.第6巻:「Lagrime d'Amante al Sepolero dell'Amanta 愛する女の墓に流す恋人の涙」
        「Qui rise, o Tirsi おお、ティルシ、ここで笑ったね」
平井み帆イタリア製チェンバロ平井加藤リラモンテヴェルディコンサート


左はみ帆サンのチェンバロ。今日はイタリアの音楽なので三鷹の自宅からイタリア製のチェンバロを運んだのだそうです。
右はヴォーカルアンサンブル・リラのみなさん、左から本田美香、加藤佳代子、出来秀一、村松稔之、福島康晴。右端は平井み帆。
帰りがけ、み帆サンにも佳代子サンにもお逢いすることができました。
4日 日 1005hPa 晴 リコーダーフェスティバル。チラシ挟み込みで11時に会場へ行ったら塩崎サンが早くから来ていてすっかり仕事を済ませてしまっていた。
ワタクシは今回は出演しなくて写真を写すだけのお仕事。
今年は出演が11団体、富士の「小鳥コーダー」と竹山先生の「TAKE704」の2つが初参加。
第22回リコフェスプログラム表紙
左、プログラム表紙。
第22回リコフェス浜名リコーダー

そして右は(ワタクシはいませんが)浜名リコーダーアンサンブル。
曲は、♪ファーマー:きれいなフィリスが。♪シュメルツァー:6声のソナタ。♪シルコックス:ウエストカントリー組曲。の3曲。ルネサンスから現代までのの3曲を演奏。
第22回リコフェス全員合奏

全員合奏は♪メンデルスゾーン:アヴェ・マリア。

終わってからいつものようにお酒を吞むのにまでシッカリつきあってしまった。
5日 月 芒種 1004hPa 晴。Paoで紅茶。
フェスティバルの写真を早くほしいと言っていたバルネロさん、クリエートR.O.さん、小鳥コーダーさんにとりあえず少量送付。
6日 火 1010hPa 晴
フェスティバルの写真のSDカードをNobサンの仕事場でお渡しして、Pao で珈琲。
平井み帆サンからメールがありました。コンサートに来て頂いた事のお礼など書かれていました。ちょっとだけ入れておきます。
 …お聴きいただけたこと、お目にかかれたこと、本当に嬉しかったです。いつも温かなお心使いを本当にありがとうございます。 ブログも嬉しく読ませていただきました!! 美しい写真と一緒に載せていただき光栄です! 本当にありがとうございます。 チェンバロは浜松でもお聴きいただいた楽器です。…
み帆サンとは浜松の楽器博物館でのコンサートの時からの知り合いです。ワタクシのブログも読んで頂いたのでした。それこそ…ありがとうございます。
7日 水 1011hPa 晴→雨 東海地方も梅雨入りと気象庁。
塩崎サンからTelあり、Pao へ行く。梅酒用の梅3Kg戴く。ありがとうございます。梅酒用のブランデーを3.6㍑と氷砂糖2kgを既に買ってあってあとは梅を用意するばかりになっていたのでした。Pao で珈琲。
Nobサンから、…練習に来ませんか?チョコレートケーキあります。…と魅惑的なメールを頂いたのだが、所用が重なり断念。殘念。
8日 木 1010hPa 雨/曇/晴 Chantillyで珈琲。
9日 金 ◯ 1010hPa 晴 Paoで珈琲。 明日は申し込んでおいた「古事記」の講座。ハガキを見たら岩波文庫・倉野健司校注「古事記」を用意下さい、との事。あわてて大きい方の谷島屋(という駅前ビル8Fの本屋)へ行ったら置いていない。連尺町の(昔から営業していた方の小さい)谷島屋へ行ったらありました。やっぱりこちらの方は書籍として大切なものは置いてあり、駅前ビルの方は売れ筋の物ばかりを置いてあるようだ。
満月で雲のない夜。お月様がきれい。
10日 土 1007hPa 晴 講座「古事記について」、古事記講師片山武
講師、片山 武氏。賀茂眞淵記念館での「古事記講座」はもう四年程前から開かれていたようで、今年の講座は中つ巻最後の方の「応神天皇・國主の歌」から始まるのだった。裕子サンは去年の講座から来ている由。
最初の1時間で今までの「おさらい」をしてからスタート。
加藤佳代子サンから先日のコンサートのお礼状。
…柴木さんのお顔を拝見するとホッとします。…と書いてありました。
11日 日  晴20170611バッハイエスこそわが喜び

20170611フェリーチェのやさしい調べ題字s


20170611柿本春香リコ
場所:福祉交流センターホール: 
曲目を書いておきます。
モーツアルト:三つのデヴェルティメントより、 Kv137(135b)
モーツアルト:サンクタマリア Sancta Maria Mater Dei
バッハ:、イエスこそ我がよろこび Jesus bleibet meine Freude
テレマン:リコーダーと弦楽器と通奏低音のための組曲 イ短調
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲Op.3-3 RV310
全員合唱で江間章子作詞・中田喜直作曲の「夏の思い出」

演奏・フェリーチェ合奏団 指揮・佐藤 亮 
合唱・コーロフェリーチェ
リコーダー独奏・柿本春香  ヴァイオリン独奏・東儀 温
今日の演奏は素敵にヨカッタ。トップヴァイオリンの東儀氏とコントラバス浅井裕紀子サンで弦楽団がシッカリしたのと、リコーダーソロ柿本春香サン、ヴァイオリンソロの東儀温氏がいい演奏をしたのもあるのでしょう。
12日 月 晴 昨日のコンサートの写真、編集する。
13日 火 1010hPa 晴 Paoで紅茶。
14日 水 1010hPa 晴 18日(日)の「古楽の魅力 vol.2 」というコンサートで、Nobサンから写真を写して~というメールが入ったので OK の返事を出しました。昨年に続く会なので行くつもりはしていたのだが、去年はA4アルバムを作ったので、今年も同様のものを作らなくちゃならないと思うのです。ワタクシの予定ではこのコンサートを済ましてからアクト中ホールでの「モツレク」を聴きに走るつもりをしていたのだが、このコンサートを最後までシッカリつきあわなくちゃならないだろうと思うので、モツレクを聴かない事にしたのでした。モツレク20170618買っておいたキップは、hiroサンが聴きに行ってくれたら嬉しいナと思って、hiroサンの仕事場へ行って聞いてみたら、行ってくれると言うのでお渡しした。ワタクシの代わりに聴いて下さる。
ありがとうございます。
Paoで珈琲。
起業家カフェ天沼えり子市役所市役所の1Fホールで「起業家カフェ」という展示があって、Paoもその一隅を占めていた。
大きなパネルにえり子サンの紹介と、Paoでのコンサートなどイベントの紹介などがあった。
お客さんはいつも少なくて、ほとんど無人のカフェの様相を呈しているので、これを機に少しばかりお客が増えてくれればいいだろう。
あまり増えすぎてワタクシの入る場所がなくなると困るので適当なお客の数でいいのです。

15日 木 1009hPa 晴 無事
16日 金 1009hPa 晴 今年は梅酒を合計3本(梅4kg、ブランデー5.4㍑、氷砂糖3㎏)作りました。美味しいのができますように。
17日 土 1008hPa 晴 Paoで珈琲。
だし昆布1枚\1860。目方で買うのだからこの値段ならかなり厚いのが買えるだろうと思った。
18日 日 1008hPa 曇/小雨
浜松古楽アンサンブル「古楽の魅力vol.2」コンサート。
一輪の薔薇パーセル武田
英国バロック時代の歌唱と器楽、の表題で、ヘンリー・パーセルの音楽でプログラムをまとめてありました。

一輪の薔薇パーセルインドの女王

昨年に続き実にたのしい音楽を聞かせてくれました。


モーツアルトの「レクイエム」、ちょうど時間が重なったので、hiroサンに代わりに行ってもらったのでしたが、…素晴らしい音楽をきくと鳥肌が立つのですね。それほどの感動を覚えました。…というお礼のメールを頂きました。喜んでいただけてワタクシも嬉しい。
19日 月 1008hPa 晴 昨日のコンサート写真の編集。
20日 火 1009hPa 曇 ワルツへ行って珈琲、いつものを100gずつとペーパーフィルターが今朝で無くなったので100枚入りのを買う。ワルツは珈琲豆を売る店なのだが、ふと見たら「抹茶きんつば・(宇治抹茶使用)」という奇妙な物を売っていたので買いました。ワルツ抹茶きんつば
なんで珈琲屋が抹茶きんつばを?と聞いたのだったが、やっぱりお菓子を店に置けば(ワタクシもつい買ってしまった様に)売れるようです。
Nobサンの仕事場へ行って編集途上のコンサートの写真をお渡しし、つぎにPaoへ行って珈琲。
いつも音楽を聴きながらパソコンを叩いているのだが、21時を過ぎるとクラシックのいい音楽はラジオではやっていないので、CDで古いシャンソンを聴く事が多い。
シャルル・トレネ、イヴ・モンタン、ナナ・ムスクーリといった歌手の歌っているのを、ずっと昔、NHKのアナウンサー加賀美幸子という人が紹介してくれたのをテープに録音しておいたのをCDに入れ直していつも聞いているのです。
21日 水 夏至 1008hPa 雨 一日中一歩も外へ出なかった。あちらこちらで豪雨のニュース。浜松市中区も田町のあたりが冠水していてTV全国ニュースになった。田町というところは駅近かくの繁華街なのだが、昔は田んぼのあった場所なんだろう。冠水しても当たり前。ワタクシの家の場所は高町の隣だから降った雨水は全部田町に向かって流れていくのです。
22日 木 1007hPa 曇 床屋へ行き、回り道をしてシャトレーゼでケーキを買う。
23日 金 1008hPa 晴 Nobサンの仕事場で写真の原稿をお渡しし、横浜シルクアーモンド伸代
SDカードを受け取り、お土産を戴いた。解説に、「アメリカ産のアーモンドをシルクパウダーとミルクで包んだ」とありました。
そのあとでPaoで今日は紅茶。かき氷を食べてみた。
24日 土 ● 1008hPa 晴 無事
25日 日 1008hPa 曇/雨 お散歩に出ようとしたら雨が降ってきたので中止。
26日 月 1006hPa 曇 本屋で「ニコリ vol.159」を買う。近頃のは難しいのが多くて、昔よくあったような、思わず笑う、というような問題が少なくなった様な気がする。ワタクシが年取った所為か?
27日 火 1006hPa 曇 プリンタ用のインクや紙を買う。無事。
28日 水 1008hPa 曇 フェリーチェの写真、Paoへ届ける。one coin lunch6月28日
右はえり子サン手づくりone coin lunch。野菜たっぷりで美味しかったですよ。
29日 木 1011hPa 曇 昨日から咳が出て止まらない。だんだんひどくなる様だ。熱を測ったら39℃もある。ちょっと大変。
30日 金 1011hPa 曇 咳はかなりひどくなり熱も下がらないので近所の医者へ行く。 肺の音を聞いて、肺炎だとまずいからレントゲンを撮りましょうとなった。幸い肺炎ではないようだ。4種類の薬をくれる。レポフロキサシン錠250mg×2、フスコデ配合錠、アンプロキソール錠、ロキソニン錠。
医者曰く、歳をとって肺炎になると一気にあの世へ行くことになるかも知れないから要注意、と。
20:28  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>