2018-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2017.08.16 (Wed)

日記 2017年8月

1日 火 1006hPa 晴 今日の浜松は35℃という気温。暑かったです。
Paoで珈琲。6日にDolce倉庫でコンサートがあるので、えり子サンの車に乗せて頂くことになった。
2日 水 1005hPa 曇 Paoで珈琲。塩崎サンも来た。
3日 木 1006hPa 晴→快晴 気温は高いけれども爽やかな風が吹いている。これが本来の夏らしい風。
先月末の健康診断、血液検査の結果が出た。一通りここに記載しておきます。
健康診断データーm

最後のPSAというのは前立腺がんの検査数字、その他にも便潜血の有無はは大腸がんのチェックですがこれは2度ともマイナスでした。
データーは以上です。判定はほとんどが基準値内で、オーバーはあってもほんのちょっとはみ出しているだけのようだ。年齢(83.5歳)から考えるとマアマアでしょう。昨年の数字もこれとほとんど変わってはおりません。
一年間安心して生きるつもりです。
4日 金 1006hPa 曇→晴 Paoでかき氷。はちみつレモンというのをかけて食べる。
5日 土
6日 日 ドルチェ倉庫20周年記念コンサートドルチェ倉庫20周年チラシ
今回のコンサートは、「長尾春花さんとともに」という副題で、
長尾春花さんの独奏によるコンサートとなりました。
201708ベートーヴェンVnソナタ
曲目です。
最初が
Beethoven: Violin Sonata
Nr.5 op.24 1st mus.
ピアノ伴奏は鈴木仁菜。






2017グロリアミサ
次が Vivaldi : Gloria missa RV589
合唱がコーロ・フェリーチェで佐藤サン指揮のフェリーチェ合奏団。

おしまいは Vivaldi ヴァイオリン協奏曲
op3-3.G-dur.
201708ヴィヴァルディVn協奏曲
ソリストの長尾春花さんという方は掛川市出身で、現在はハンガリー国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任していらっしゃる。


201708長尾春花サン



演奏は素晴らしく、笑顔がとても素敵な方でした。

Dolce倉庫の往復はえり子サンの車に乗せて頂いた。
7日 月 立秋 1004hPa 台風5号接近。
夜6時頃風雨がひどくなったような気がしたので雨戸を全部入れた。ところがその後すっかり風雨が収まってしまった。
8日 火 ◯ 998hPa 晴 ドルチェ倉庫20周年の写真、A4アルバムに編集したのをPaoに預けて、珈琲。夜、窓を開けたら雲の合間から満月が見えた。
9日 水 995hPa 快晴 一日中雲一つない日。気温も36℃になった。
子供の頃、夏といえば紺碧の空に入道雲がクッキリと、という印象だった。近頃、「紺碧」という空が見当たらない。ちょっと白っぽい。空気中の水蒸気量が多いのです。だから雨もやたらに沢山降る。
10日 木 998hPa 曇/晴 Chantillyで珈琲。図書館へ行っただけ。
11日 金 山の日 1000hPa 曇 無事。
12日 土 1001hPa 曇 無事.
13日 日 1003hPa 晴 無事
14日 月 1004hPa 晴 このところ毎日蒸し暑いので10,000歩というような歩き方はしていない。10日から20日迄Paoがお休みなので珈琲を飲みに行くのはChantillyだけなのだがこれも日・月はお休み。FMラジオの音楽番組も全くつまらないものばかり。昨夜からずっとPalestrina のミサ曲ばかり続けて聞いている。プロ・カンティオーネ・アンティカの演奏で、Missa L'Homme Arme , Missa Assumpta Est Maria, Missa Brevis, Missa Lauda Sion, Missa Aeterna Christ Munera とミサ曲ばかり沢山聞いている。この人のミサ曲の中では Missa Papae Marcelli 教皇マルチェリのミサ、というのが一番好きなのでいろんな演奏者のCDを持っている。泉光院のブログを書きながら、お酒を飲みながら、聞いていると時の経つのを忘れる。
15日 火 1004hPa 曇 ZAZAというスーパーへ行ったら広場で中古のレコードなどを売っていた。関西方面の、たとえばBANANA RECORD といった大手の中古レコード屋の出張販売。
ちょっと捜しただけでナナ・ムスクーリという歌手のLPレコードが見つかった。
LPナナムスクーリフランス2枚組LPナナムスクーリギリシャの歌

CDはずいぶんたくさん買ったのだがLPレコードはまだ少ないので見つけた2枚を買ってしまった。
両方ともフランスでプレスしたレコードでかなり初期のものです。
ワタクシはナナの大ファンでなので、渋谷や横浜などのレコードショップでナナのCDを見つけたたびに買っていた。今度買った2枚、左はフランス語で歌っているもので、2枚組、右はギリシャ語で歌っているギリシャの歌。内容は全部CDで持っているものばかりです。
16日 水 1004hPa 雨・曇 無事
17日 木 1004hPa 曇→晴 お散歩の帰り、牛山の麓にある「イ」の字の碑を見て来た。イの字高柳健次郎牛山NHK
テレビの研究をしていた高柳健次郎が昭和2年に実験用に使ったイの字を記念した碑です。
右側にその「イ」が大きく彫られているのだがはっきり判りませんねぇ。紙に書いたこのイの字を撮像管で写して、電波にして、ブラウン管で再現したのがテレヴィジョンの最初。浜松高等工業学校で大正十年から研究をはじめて、昭和10年にほぼ完成。
18日 金 1005hPa 曇→晴 chantillyで珈琲。
19日 土 1006hPa 晴 深夜0:30~1:30の1時間ほどの間、大雷雨。洪水などの警報が出た。朝は快晴。午後、関東地方で大雷雨。
20日 日 1005hPa 曇/晴 ワルツで珈琲豆を買う。モカ・マタリとブラジル・サントスの2種。
21日 月 1007hPa 曇/晴 Paoで珈琲。久しぶり。
ドルチェ倉庫コンサートの写真アルバム、32部プリントをPaoに預かってもらう。
22日 火 ● 旧暦七月朔日 1006hPa 晴/曇 Paoで珈琲。えり子サンから珈琲豆を戴く。銘柄は聞かなかったので判らない。明朝飲んでみましょう。
23日 水 処暑 1007hPa 晴 貰った珈琲はワタクシの好みに合いました。
24日 木 1005hPa 快晴。暑い!!!
25日 金 1004hPa 晴。床屋へ行く。
FMラジオの番組。ベートーヴェンの交響曲、6番と5番。初演当時の会場で初演当時に使ったような楽器での演奏会。ワタクシも金澤交響楽団でこれらの曲は何度も演奏したのだが、一度だけ古い木管のフルートで演奏したことがある。ベートーヴェンの曲だったらその時代の楽器でも楽に演奏できます。ちょっと懐かしく聞きました。
26日 土 1004hPa 晴。西の空に三日月(本当は5日月)が美しい。
27日 日 1007hPa 曇 無事。ストラヴィンスキィの兵士の物語、持っているCD、4種を全部ずりだして聞いてみる。ジャン・コクトォの語り、マルケヴィッチ指揮のは面白い。ストラヴィンスキィとジャン・コクトォは友人だった。ブーレーズ指揮のは正確なのだがちょっとゆっくりしていて迫力に欠ける(ような気がする)。
28日 月 1008hPa 曇→晴 Paoで珈琲。秋の気配が漂う。
29日 火 1010hPa 晴 FMラジオでラフマニノフの24の前奏曲全曲を聞いている。この曲はワタクシの友人だった高泰夫さん(右)も好んで弾いた。高泰夫s1955年
楽器を持っている数人が集まるとラフマニノフのピアノ協奏曲を、自分の持っている楽器のパートの音を出して、ピアノ協奏曲を弾いているつもりになった。
金沢大学工学部電気工学科に入ってきて、そこはワタクシの職場でもあったので、ワタクシの部屋で仕事や勉強の話ではなくて音楽を語ったりした。またこの高さんの部屋でチェロやオーボエや(ワタクシはフルート)などのミニコンサートをしたものだった。大学を卒業後高さんは横浜の会社へ入ったのだが早くに死んでしまった。
金沢大学フィル1953春L

1953年春の金沢大学フィルハーモニー演奏会。会場は第四高等学校の講堂。
高さんはティンパニを叩いたり指揮をしたり、コンチェルトのソロをしたり、オーケストラの中心だった。
ラフマニノフの音楽を聴いているうちに昔のことを思い出してしまった。
30日 水 1006hPa 晴 猛烈に暑い日。Paoでまずかき氷、そのあとで珈琲。8月31日かき氷
31日 木 1004hPa 晴 暑い日にはかき氷。Chantilly でかき氷。

スポンサーサイト
20:10  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://azasosori.blog.fc2.com/tb.php/434-6d6d487b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP |