2018-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2017.10.17 (Tue)

日記 2017年10月

1日 日 1021hPa 晴 喫茶ヒコウビランで照サンと昔話。
今日のラジオ、東フィルの演奏でドヴォルザクの交響曲「新世界」。この音楽はワタクシが金澤交響楽団に入れて貰って、一番はじめがベートーヴェンの5番交響曲でこの時は第4楽章でピッコロを吹くだけの役目だったのだが、その次の時、1番フルートを吹いていた中田昭サンが東フィルに入る事になって、次の演奏会の時この「新世界」を取り上げることになって、ワタクシが1番フルートを吹くことになった。この曲の1番フルートは綺麗なメロディーを1番オーボエと一緒に独占して吹くことになる音楽です。マチネ(昼の部)の演奏をすましてから、オーボエ吹きのチビというあだ名の男と喫茶店モナミへ入って、チャコチャン(モナミの店主鞍サンの娘)にお酒を注いで貰って、とてもいい気持ちになって夜の演奏会本番に臨んだのだった。自分では素敵にいい演奏だったと思っていたのだったが本当のところはどうだったのだろうか。高校を卒業したばかりの頃のことです。
東フィルの演奏で「新世界交響曲」を聞いたので、こんなことが一緒にワタクシの頭に蘇ってしまった。
2日 月 1020hPa 曇 Paoで珈琲。
3日 火 1008hPa 晴 無事。
4日 水 万葉集講座① 松平和久先生。
巻第十三のはじめから読む。巻十三はほとんど長歌ばかり。長歌は、5,7 5,7 ・・・・ 5,7,7という形が基本形。 【2n+1】の構成が多い。…というような話。
Paoで珈琲。塩崎サンが来ていた。香港製の月餅「美心月餅」というのを頂く。香港での品名は「流心奶黄月餅」と書いてあった。
今夜は旧暦八月十五日で、《中秋の名月》の日なのだが満月(望)ではない。それに空一面厚い雲。
明日は栗ご飯。もち米を買いに行ったり、栗の皮をむいたり、たくさん食べたいので3合炊きのお釜が一杯になってしまった。
5日 木 1017hPa 晴/曇 望は明日の午前3時40分だからもうあと6時間ほど。満月10月5日
月餅栗饅頭など
もし今空が晴れていたらほとんど満月に近い。だが一面の雲なので、やむを得ず満月の写真をみながら月餅を食べることにした。
栗ご飯はオイシイのがたくさんできたので朝も晩も栗ご飯で充分満足。
明日も予報では雨のようだから今年はいい月見はできませんでした。

6日 金 ○
7日 土 古事記講座第4回 履中天皇、反正天皇、允恭天皇のあたり。兄弟で殺しあったり兄妹の間で婚姻をしたり、という時代の話。
8日 日 1018hPa 晴 クルマの免許を返納したので電車・バスの「乗り放題フリーパス」が6ヶ月間\16,200で買える。早速買いに行きました。
9日 月 体育の日 1020hPa 曇/晴。とびうお大橋から弁天島方面望見
乗り放題パスを使って西の方へ行った。バスで志都呂で下車、とびうお大橋を渡って、坪井という所からバスに乗って濱松へ。
右はとびうお大橋から弁天島方面を望見。往復のバス賃はたぶん¥700ほどだろうか。
乗り放題パスは有難い。
10日 火 晴 天龍川方面へお散歩。Paoで珈琲。
11日 水 晴 万葉集講座② 先生は84才。濱松北高の教師をしていた頃、60年安保阻止運動で国会内デモ、樺美智子さんの死などについて語る。生きてきた年代が同じ。
万葉集、年寄りにはウレシイ歌。
♪物皆は新(あら)たしきよしたゞしくも 人は舊(ふり)ゆく宜しかるべし♪ 巻10-1885
12日 木 1012hPa 晴 無事
13日 金 1012hPa 曇 Paoで珈琲。hiroサンに28日の楽友会コンサートどうですか、とお誘いした。いま悩み事がありそうな感じ。
14日 土 1015hPa 曇/雨 Paoで林檎ジュースと珈琲。ほかにお客が居ないときはえり子サンを独占したような気持ち。今日からあと涼しくなるようだ。半袖のシャツ全部洗濯した。
15日 日 1018hPa 雨/曇 ワルツで珈琲豆を少々買う。このブログを見て下さるとのこと。
16日 月 1022hPa 雨一日中 Paoで紅茶。
17日 火 1023hPa 雨 Paoの新しい看板

Paoで珈琲。
新しくできた看板。えり子サンは昨日から出来るのを心待ちにしていたようだ。
裏にはClosed と書いてある。

霧島火山群新燃岳
数日前から霧島火山群・新燃岳が水蒸気噴火を続けている。
右下で少しばかり白い噴煙を上げているのが新燃岳。遠くの綺麗なピラミッドは高千穂峰。
FMラジオでシューベルトの「冬の旅」全曲を聞く。
高校生の頃、この歌を歌うのは好きだったし、女の子はこの曲のピアノ伴奏ができることを誇ったものだった。
18日 水  1022hPa 晴 万葉集講座③ 3248~
四段活用、なんて遥か昔聞いたような言葉が思い出される。未然連用終止連体已然命令。中3か高1。思は、思ひ、思ふ、思ふ、思へ、思へ。
久しぶりに浜リコの練習に顔を出した。11月5日のコンサートに出す曲。メンデルスゾーンのフーガなど。
19日 木 1023hPa 曇/雨 夏物少々クリーニングに出す。
20日 金 ● 曇/雨 衆議院議員選挙、期日前投票をする。そのあとPaoで紅茶。
21日 土 1014hPa 雨  
22日 日 台風21号が接近中。夜9時頃気圧計を見たら990hPaだった。雨。
夜のニュースでは衆議院議員選挙の開票速報。自民・公明あわせて2/3を超えるという。
23日 月 朝6時の気圧は983hPa。台風は夜中のうちに御前崎に上陸後北北東に進行。
珈琲を飲む頃はすっかり雲は切れて青空で太陽が照っている。台風の去った後、爽やかな風が(少々強いけれども)吹き、見上げればアア空はこんなにも青いのだ!と今更ながら驚く。
Pao で珈琲。塩崎サンも来た。気圧は1002hPaまで上昇。
24日 火 1017hPa 曇 無事。
25日 水 雨 所用のため万葉集講座④は休む。
万葉集第16巻、大伴家持、痩人を嗤ふ歌二首、信時潔作曲、木下保指揮、東京混声合唱団、カセットテープに録音したのを松平先生に渡す。
   石麻呂に吾ものまおす夏痩に 良しとふものぞむなぎ取りめせ
   痩す痩も生けらばあらむをはたやはた むなぎを取ると河に流るな
石麻呂は大伴家持の友人らしい。名前もわかっているようだ。石麻呂というアダ名の通りにきっと痩せていたのでしょう。ウナギを食べればいいよ、と教えておいて、そのあとで、痩せていても生きていたほうがいいよ、ウナギを捕ろうとして川に流されて死んじゃったらお終いよ。
ワタクシの持っているレコードはビクターのSJV-1058~で、このレコードは現在は貴重品になっているらしい。ネットで検索してみると、「この資料は国立国会図書館および歴史的音源配信提供参加館の館内でご利用いただけます」という表示が現れて、浜松では城北図書館だけがその歴史的音源配信提供参加館になっているのでした。痩人を嗤ふ歌二首s
楽譜を小さく載せておきます。ワタクシの手書きです。
先生は万葉集の歌で作曲されたものは少ない、と言っていたので先日作って置いたもの。
26日 木 1016hPa 一日中快晴。ワルツで珈琲豆を買う。いつもと同じモカ・マタリとキリマンジャロ。
27日 金  1018hPa 今日も一日快晴。海谷眼科診察 8:00の予約。 受付の恭子サンが笑顔で迎えてくれる。素敵な笑顔。 視力検査。右眼1.2、左眼1.0。 これは去年と同じ。診察、白内障で目玉にレンズを入れると2年目あたりでちょっとしたトラブルが出る場合もあるらしいのだが、まだ大丈夫、との事。次の診察は来年の11月でなので、恭子サンに逢えるのはⅠ年後。それまでどうかワタクシの寿命がありますように。百壽堂の看板
海谷眼科から300mほどの所にいつも行くPaoがあるのだが、Paoは午前11時開店で、病院は10時に終わったので時間つぶしに古本屋の百壽堂へ行く。お散歩の帰りにここへ寄るといつも美味しいお茶を出してくれる。先日の衆議院選挙の結果についてのいろいろの話や意見など。右は百壽堂の看板。
11時になるのでPaoへ行って珈琲・
28日 土  1020hPa 曇/雨  第50回古楽演奏会
 日本福音ルーテル教会 14:00
第50回古楽器演奏会プログラム表紙
第50回古楽器演奏会18世紀アンサンブル浜松
積志リコーダーカルテットと18世紀アンサンブル浜松。
今回はゲスト演奏で、伊藤都章Flauto traverso 伊藤庸子 Cembalo お二人と、徳永さんが加わって、バッハのTrio Sonata BWV1039
上の写真は18世紀アンサンブル、
     オルティス作曲 レセルカーダ 第1番
小玉宏の チェンバロ独奏でフォルクレのシャコンヌ。
武田尚美・斉藤恭代(ソプラノ)で作者不詳、「天国と地獄」という実に面白い音楽。これは天国サン(武田尚美・白の服)と地獄サン(斎藤恭代・紺の服)がそれぞれの住処のお話しをするという趣向。第50回古楽器演奏会天国と地獄
始めて聞いた面白い音楽でした。右がその音楽。
ボワモルティエ作曲 村のバレ 。 最後に合同演奏でドルネル作曲 シャコンヌ
こういう場所だと八田サンにも出会う。
今夜のFMラジオ、N響演奏会はリヒャルト・シュトラウスの「ドン・キホーテ」。
この音楽はワタクシが高校3年の時、全校生徒を講堂に集めて、ワタクシの解説でレコードコンサートをした時に取り上げた音楽。何でそんな羽目になったのか今ではよく思い出せないのだが、学校側としては普段音楽教育としては全く何もしていないので、一年に一度くらいは「クラシック音楽」という物を生徒に聞かせておく必要がある!と考えた結果、全校でそういうことを出来るのはこの男しか居ないということでワタクシに丸投げで企画から実演まですべて私に任せきりというコンサートが実現したのでした。 
29日 日 1000hPa 雨、夜に入り晴。台風22号はほとんど影響がなかった。
30日 月 1005hPa 晴。バスの定期が3月末まで乗り放題なので普段行かないような所へ.。
31日 火 1014hPa 晴 冬型のお天気。関東関西で「木枯し第1号」という。浜松あたりでは木枯しという言葉はないようだ。 
田中伸代チョコレート



Nobサンから美味しそうなチョコレートを戴く・
夜、えり子サンにtel。明日午後Paoへ行く予定。
スポンサーサイト
19:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■思い出

unagiさま、ご来訪ありがとうございます。
金澤は戦災に遭わなかったので、戦後まもなくの頃からオーケストラを立ち上げることができたのです。
ワタクシの家から徒歩15分ほどの幼稚園で練習していることを知って、その頃高校のブラスバンドでフルートを吹いていたワタクシは見物に行っていたのでしたが、ある時指揮者の安藤さんから、「運命」をやるからピッコロを吹け、といわれて、高校3年の時、金澤交響楽団のステージに立ったのでした。
それ以降、春秋二回の定期演奏会と近隣市町村での出張コンサートなど多彩なコンサートがあって、ハイドン、モーツアルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、カリニコフの1番交響曲や、オペラ序曲や組曲、ワルツ、など手に入る限りの楽譜を拾って音にしていたのでした。
戦後間もなくの頃でみなさん音楽に飢えていたし、演奏する方も聞くお客さんの方も、演奏を楽しんでいたのでした。
この日記に折々登場する笛吹乙女哲子サンも一緒にステージに上がっていたのでした。
ヨリックです |  2017.10.02(月) 21:58 |  URL |  [コメント:編集]

こんにちは
興味深い、いいお話ですね。
とてもいい思い出をお持ちで、羨ましいです。
unagi |  2017.10.02(月) 12:36 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://azasosori.blog.fc2.com/tb.php/451-c527827d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP |