2018-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2017.11.28 (Tue)

日記 2017年11月

1日 水 1014hPa 快晴 Paoで紅茶。Paoで紅茶
右はPaoの室内。
いいのか悪いのかわからないがお客はいつも少ないので、ワタクシは時々ここで少しの時間を過ごしています。
オーナーのえり子サンは設備や調度品などに気を配っているのでワタクシには落ち着く空間。見えている紅茶のカップはGivenchy。
今夜は十三夜。晴れているので月は美しい。先月6日の「名月」は見たので、次は十日月を見なくちゃならないのです。
2日 木 1016hPa 晴 浜松近辺の街道風景を少しずつ取り込む予定。
姫街道松並木4
追分以北にはまだ所々に松並木が残っているようだ。
だがびっしり街並みが広がっている。とても街道風景とはいえない。

昨日Paoのえり子サンのところで頼んでおいた「古事記の歌」というCDを貰ってきて今日聞いてみた。歌っているのは歌枕直美サンという人。
古事記songs歌枕直美チラシ
古事記songsCD

「あさね髪」という表題のこのCDの内容は、古事記の歌謡を現代歌曲の旋律で歌ったものなのだが、単にそれだけのもので、音楽(メロディといいますか)そのものはつまらないし、とても困ったことに古事記や万葉集といった日本の古典に対する勉強を全然していないように見受けられるので、古代日本語の発音・発声といったことは全然無視してしまっているようなので、ワタクシにとってはつまらない代物でした。

入っている歌曲を少しだけいれておきます。
朝寝髪われは梳らじうるはしき 君が手枕触れてしものを
あかねさす紫野行き標野行き 野守は見ずや君が袖振る
こういう歌なら現代歌曲のメロディで歌っても構わないのかも知れないのだが、防人の歌、
大君の命畏み磯に触り 海原渡る父母を置きて   とか、
海行かば水漬く屍 山行かば草生す屍 大君の辺にこそ死なめ… といった歌は絶対に歌って欲しく無い歌です。いったい何を考えているのやら、、無性に腹が立ちました。
3日 金 文化の日  1015hPa 晴の特異日。舘山寺までお散歩。
4日 土 ○ 1016hPa 晴 Paoで珈琲。
5日 日 フェリーチェ合奏団演奏会 壬生ホール2017面壬生ホールコンサートポスター
yorickコントラバスを吹く
このポスターの右端の写真、これは浜名リコーダーでコントラバスを吹いているヨリックでございます。
ワタクシの長い音楽人生の中で、こんな形で取り上げられたのは初めてのことでございます。滅多にないことなのでここに入れさせて頂きます。白髪が気になるのだがこれはやむを得ない仕儀でございます。

20171105秋のプログラム表紙
左は当日のプログラム表紙。

壬生ホール入口メタセコイヤ
壬生ホール入口にはメタセコイヤが生えている。まだ巨木というわけにはいかないがいずれ巨木になるかもしれない。珍しい木だから載せておきましょう。

20171105壬生ホール浜リコ
浜リコは、以前にもやったことのある、「タイン川の流れ(北部イングランド民謡による組曲)」と、メンデルスゾーンの弦楽四重奏「フーガ」。ワタクシはカメラマンに徹しているのです。

20171105秋のオルフェオ塩崎エウリディーチェ

フェリーチェ合奏団、コレッリ「クリスマス協奏曲」とグルックのオペラ「オルフェオ」など。
上は塩崎サンの歌うアリア「エウリディーチェを失って」。

コーロ・フェリーチェは混声・女声・男声でいろいろ歌った。
6日 月 1018hPa 晴。Pao でl紅茶。無事
7日 火 立冬 1018hPa 晴 暖かい立冬。
8日 水 水 1018hPa 雨、夕刻やむ。万葉集講座。
9日 木 1018hPa 晴 ワルツで珈琲豆を買う。ポイントがたくさん貯まったのでそれで紅茶。
10日 金 1019hPa 晴 1年ほど前に修理に出したパソコン、Windows10にして、ウイルス除けソフトもウイルスバスターに代えていたのに、ハードディスクが壊れてメーカーで取り替え修理をしたのだが、戻ってきた時にはそのパソコンの発売時の通り、Windows8.1で、ウイルス除けも違う物になっていた。そのウイルス除けソフトは1年間で期限切れになってしまって、ウイルスバスターを買ってきて入れ替えようと思ったのだが、前のソフトの残渣を綺麗に削除しないと新しいソフトが入らない。ずいぶん苦労して前の残渣を掃除して、新しいのを入れようと思ったら今度は以前に入れた時のパスワードを忘れてしまっていた。結局お手上げ。
11日 土 1013hPa 明け方雨、少々雷。のち晴。昨夜の続きで朝6時頃から奮戦していたのだがうまくいかなくて、血圧が上がってしまった。古い資料類を捜し出して、それらしいパスワードを見つけてそれで仕事をしたらすぐ入ってくれた。機械をいろいろ持っていて、いろんなソフトが入っていると、パスワードの管理をシッカリやらなくっちゃ!と改めて感じました。
12日 日  1014hPa 晴 ゴーゴリ、検察官。Uホール、午後1時半~
ゴーゴリ検察官劇団東演

実に面白かったです。大体の話の筋は誰でも知っているものでしょう。
地方都市のお役人たちが日ごろ立場を利用して賄賂をとったり利権を振りまわしたり、といった不正をしているのだが、そこへ首都ペテルブルグから密命をおびた検察官がお忍びで各地を廻っているという情報が市長のもとへ入る。行政を「私」している市長以下、教育委員長、裁判所判事、郵便局長、慈善病院長、警察署長、二人の地主、といった面々にとってはまさに青天の霹靂、驚天動地の出来事。そこへ風来坊のお役人らしい旅人が現れる。それを検察官ではなかろうかと思いこんだお役人たちはさっそく彼を懐柔しようと雁首揃えて知恵を絞る。…
解説書の写真をほんのちょっと引用させて頂きます。本当はこの倍ほどもあるのですが入りきりません。
左下から右へ、市長の娘、市長の妻、その右上がニセの検察官で、右下(ほぼ中央)が市長、その右は多分警察署長、…さらにはそのお役人の妻たちが綺麗なドレス姿で登場。バスチューバやトロンボン、ホルン、トランペットといった金管楽器を持った楽士。その他大勢が登場する。ロシアの地図サラトフ
地方都市の設定はペテルブルグから1200km以上離れたSaratovということになっていたので地図を載せておきます。
左上に赤で囲ったのがペテルブルグで右下の方に赤く囲ったのがサラトフ。そのちょうど中間あたりにあるのがモスクワです。地図の一番左下隅っこは黒海にのぞむクリミヤ半島セヴァストポリです。クリミヤ半島まで地図を入れたのは、ワタクシの好きなロシアの映画「小犬を連れた奥さん」に登場するのがやはりサラトフとセヴァストポリとモスクワだと思っているので入れたのでした。
言い忘れましたが翻案・演出・美術は故V.ベリャコーヴィッチ。演ずるのは劇団東演のみなさん。
13日 月  1020hPa 曇→晴 Paoで珈琲。えり子サンは「検察官」を初日に見たとのこと。面白かったことで意見が合いました。
静岡銀行浜松営業部建物
静銀へ行ってキャッシュカードの類を全部廃止の手続きをしてきた。フロア担当の中山サンにお世話になりました。その折、中山サンから、現静岡銀行浜松営業部の建物(右)は、戦前は遠州銀行本店であったこと、昭和20年6月18日の浜松大空襲では焼け残ったこと、などを教えて貰った。素敵な美女でした。
14日 火 1019hPa 曇一時雨 無事
15日 水 1016hPa 晴 Paoで紅茶。Paoチェス駒と紅茶
Paoにチェス駒が置いてある。チェスは相手が居ないと出来ない。えり子サンは出来るのだろうか。ワタクシも勉強しようかな。駒の動かし方は一通り知っているのだがいろんなルールをよく知らない。
16日 木 1017hPa 晴 バスに乗って浜松市内散策。市内の東部はよく知らないのでそのあたりを乗ってきた。
FMラジオの音楽は音楽コンクール作曲賞というのをやっているのだが、日本人の作曲した現代音楽、というのを聞くのはちょっと困るので、CDでオルフの三部作、カルミナ・ブラーナとカトゥーリ・カルミナ、アフロディテの勝利を聞くことにした。まったく久しぶり。
17日 金  1019hPa 晴 無事
18日 土● 1016hPa 一日中雨 どうやら5日のフェリーチェ演奏会のA4アルバム、できた。
19日 日 1014hPa 晴 無事
20日 月 1018hPa 曇/晴 Paoで珈琲。フェリーチェ演奏会の写真を預けておいて塩崎サンにTel。あとで取りに来るとのこと。
21日 火 1020hPa 快晴 Paoで紅茶。フェリーチェ演奏会の時の浜リコ写真、Nobサンに届ける。
22日 水 小寒 1014hPa 雨 万葉集講座は休む。
甘酒を作った。はじめて作ったのだが美味しくできた。甘酒11月

以下造り方です。
①1合のもち米を2合の水でおかゆ状に炊く。 ②暫く蒸らして、少し温度を下げて(ほぼ60℃)からほぐした米麹を混ぜる。 ③保温釜を50℃~60℃程度に設定して約8時間ほど置く。
これで出来上がり。
右が出来上がった甘酒。
23日 木 勤労感謝の日 1013hPa 晴
図書館の帰り道、以前由美画廊だったお店の改装工事がすんで開店したようなので寄りました。
遥懸夢入口
Akh.サン遥懸夢

新しく出来たお店はギャラリー・ショップ「遙懸夢 はるかむ」という名前。以前ここにいたAkh.サンもお店に出ていて「お久しぶり~」でした(左)。 右はお店入口。
2Fのギャラリーで、遥懸夢2F11月23日
関 悦子、イバタ カツエ、井形伸之の各氏の展示。


これからときどき立ち寄りましょう。


5月はじめに上島のSceneという喫茶店に立ち寄った時、近いうちにワタクシの住む町、三組町に「鴨江喫茶」というのが開店するからよろしく、と案内があったのだがなかなか開店しないので忘れかけていたのだが、遙懸夢の歸りに通ったら開いているようなので鴨江珈琲外観
鴨江珈琲マーク

珈琲を飲みに入りました(左)。


24日 金 1021hPa 晴 Paoで珈琲。ネパール珈琲が入荷しましたと、えり子サンがいうので一袋分けてもらいました。
ネパール珈琲100g袋
袋に書いてある広告を引用しておきます。
「ヒマラヤハイランドコーヒーはネパール・アンナプルナ山系の麓にあるアティカ村、タンプス村で。無農薬・有機肥料で栽培された高品質の豆だけを厳選し、日本で焙煎したものです。」右がその珈琲。
25日 土 1025hPa 快晴。 Pao 2周年パーティだったのだが行かなかった。
馬郡の春日大社から坪井村あたりまで歩いたのだが写真はダメになってしまった。
NHK FM でベートーヴェンの6番交響曲を聞く。レジェンドで岩城宏之の指揮。古い時代のN響指揮者による演奏で、昔ワタクシが金澤交響楽団で演奏した曲を聞くのは大好き。そのあとチャイコフスキーの6番交響曲。これはワタクシは演奏したことはないのであまり好きではない。チャイコフスキーは4番交響曲だけが唯一好きな音楽。
26日 日 1030hPa 晴 ワタクシのアネロイド気圧計でこの値になったのは初めて。いいお天気でした。
哲子サンからお歳暮で「とらやの羊羹」を戴きました。
ありがとうございます。とらや羊羹哲子2017
一昨年と同じく6種類の可愛くて美味しい羊羹が入っているのです。今年の箱の衣装は歌川国貞の「越後屋三美人」の絵の真ん中の部分。
とらや羊羹越後屋三美人国貞


去年哲子サンから戴いたお歳暮は金澤森八のお菓子「宝達」。箱は尾形光琳「八橋蒔絵螺鈿硯箱」を模した箱だった。一昨年は歌舞伎「京鹿子娘道成寺」の白拍子を演じた六世尾上菊五郎の着ていた着物の文様「枝垂櫻文様」をデザインした箱でとらやの羊羹。
早速お礼の℡をして近況をおしゃべりした。コーラスに行っている?と聞いたら、捻挫をしたらしくてちょっと歩くのに不自由をしているので鼻歌を歌っている、と言っていた。哲子サンと東尋坊
写真は福井県東尋坊へ遊びに行った時のもの。中が哲子サンで左はワタクシ、 右は哲子サンとワタクシのフルートの先生だった中田昭サン。
来春には捻挫を治しておいてもらって、新宿あたりで美味しいものを食べましょうと約束を取り付けた。
27日 月 1028hPa 晴 無事
28日 火 1026hPa 晴 Paoでヒマラヤ珈琲。
29日 水 1020hPa 晴 Paoでヒマラヤ珈琲。
AnnaPurnaの見える湖
ネパールヒマラヤ、ポカラ南郊のペワ:タール湖水から望む。左から、マチャプチャリ、アンナプルナ第3峰、第4峰、第2峰、ラムジュンの峰々。
この写真は1953年に京都大学学士山岳会が今西錦司博士を隊長とした登山隊の写した写真です。綺麗な山ですねぇ。
>Himalaya珈琲とえり子サン
ワタクシが近ごろえり子サンの店で飲むのはこのアンナプルナ峰麓の村で有機肥料・無農薬で栽培された珈琲。24日の項で入れておいた写真の珈琲です。右がPaoの内部。

30日 木 1017hPa 曇 無事
スポンサーサイト
20:34  |  日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ヨリック様

こんばんは。はじめてコメントさせていただきます。いつも訪問していただきありがとうございます。
コントラバスを吹かれているヨリック様のお写真が小さくてよく見えませんが、
明日は、演奏会とのこと。遠くから応援しています。
少し、寒くなりましたのでご自愛下さいませ。おかみ

おかみ |  2017.11.04(土) 21:43 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://azasosori.blog.fc2.com/tb.php/460-938ff73c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP |