2018-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2018.03.23 (Fri)

金澤の食べ物 春01 雛祭り

ワタクシが生まれ育った金澤を離れて東海道筋に住みついてからすでに半世紀をこえました。
もう故郷の地に戻る、などという望みも消え失せてしまったのだが、故郷の食べ物にはつよい愛着がありますので、、折に触れて思い出すままに、泉光院の旅の間に挿入していこうかな、と思うようになりました。
ワタクシのブログにお立ち寄り下さる皆様におかれましては、この雑文にもお目を通して下さるようお願い申し上げます。
 
桃の花の咲く頃、旧暦の三月三日は女の節句。雛祭り岡家

金澤は豪雪地帯ですから、新暦での三月の初めはまだ「桃の節句」という雰囲気ではないようで、春の行事は月遅れ、が普通のようです。だから金澤では一ヶ月遅れの四月三日にお雛祭りをするお家が多いようです。

赤い毛氈のひな壇に、昔からのお雛さん、親類・縁者から贈られたお雛さんなどを飾ります。

お雛さんを飾るようになったのは江戸時代の頃からだそうです。それ以前の室町・平安の頃は、「ひとがた」を作って女児の身の穢れを払いつつがない生長を祈って川や海に流したのがはじまり、といいます。

兼六園の東側の一角に「成巽閣」という建物があります。
雛祭り成巽閣享保雛
この御殿は十三代藩主前田齊泰が母親眞龍院の隠居所として竹澤御殿跡地に文久三年(1863)に建てました。
毎年春になると前田家所蔵のお雛さんの展示があります。
左は享保雛。
(享保=1716~36)

こんなのがずらりと並ぶさまは壮観です。


雛祭りご膳ぬたかれいしじみ汁

雛祭りのお膳の一例です。

左手前から時計回りに、お赤飯、だし巻き卵、かれいの煮物、しじみ貝の味噌汁、真ん中がイワシと小葱のぬた。右に付けられているのは干鱈で、これは客人が土産に持ち帰るためのものです。
左奥の重箱には雛あられのような物が盛ってあります。

とても質素なお膳です。客人にも鯛は供えずに、安価な鰈で、土産も安価な干鱈です。
これは、やがて他家に嫁ぐことになる女児のために、家計のやりくりを上手にきりもりしてゆけるように、との意味を含めてのしきたりです。

貝の味噌汁ですが、東海地方ではハマグリが普通に使われていました。
貝殻は、貝合わせの行事に見られるように、たくさんあってもたった一組しか合わないので、貞操の意味があります。また二枚でしっかり身を守っていることから、夫婦でしっかり家を保つように願いを込めて貝を汁の具にするのです。
春の遅い北陸では安くてたくさん手に入るシジミの汁にするのでした。

唯一豪華なのは右の金華糖という飾り菓子。金華糖籠

全部お砂糖で作られているのです。
ひな壇に飾っておいて、あとで壊して食べるのです。中はカラッポですから、壊すと破片になって、カリカリ食べられてとてもオイシイ。

男の子は女の子のいる家へ行って、この金華糖が壊されてそのカケラを貰うのが何よりも楽しみでした。



いわしのぬた
左、イワシのぬたです。
 作り方。
① イワシは塩水で洗って、白っぽくなる程塩うちをして2~3時間しめておきます。
② それを20分程酢につけたあと薄皮をむいて細作りにします。
③ ワケギはゆでて水けをきり、3cm程に切りそろえます。
④ 調味料は、白味噌、砂糖、酢、みりん、ねり辛子。適当な量をすり鉢ですりあわせます。
⑤ ②・③・④を和えて味を調えます。

以上、青木クッキングスクールの青木悦子さんの記事を参考にしました。ありがとうございました。

金澤市の日本海沿岸、金石(かないわ)の港に、春先にあがるイワシはとてもオイシイのです。
魚屋の店先に、砂にまみれたままのイワシがいっぱい並ぶのです。
そのまま茹でて生姜酢醤油でたくさん食べました。
スポンサーサイト
20:26  |  金澤  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■春の味覚

花がたみ様
お訪ね下さって有難うございます。
日本の國は、春夏秋冬それぞれに風景の移り変わりとともにオイシイ食べ物も次から次へと現れてきます。
この國に生まれたことを感謝しながら食べましょう。
ヨリック |  2018.03.27(火) 20:24 |  URL |  [コメント:編集]

■イワシ料理

おかみ様
さっそく食べて頂けてイワシもさぞ光栄と感じている事でございましょう。
これからも四季それぞれにオイシイ物を見つけて載せていく所存でございます。
豪華・高価な食べ物はとりあえず後に回しておいて、普通の市民が普通に食べる食べ物から選んでいきたいとは思っておりますが、金澤には特別に有名な料亭があったりするので、それらの事ものせておく事も考えております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
ヨリック |  2018.03.27(火) 20:16 |  URL |  [コメント:編集]

■イワシ料理

いつも楽しくみさせていただいています。

石川県産のイワシを茹でて生姜醤油で食べてみました。とても美味しかったです。春先のイワシ料理のレシピありがとうございました。
おかみ |  2018.03.27(火) 18:27 |  URL |  [コメント:編集]

春の味覚、美味しいですね。
花がたみ |  2018.03.27(火) 17:17 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://azasosori.blog.fc2.com/tb.php/505-1aeb5d83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP |